『pattern−α』
PATTERN 7



1.軋んだ心(言峰)
「父上…」
貴方のようになりたいと思ったのは、嘘ではない。
真実ではなかったかもしれないが。



2.過ぎる光景(弓剣)
夢を見ることのないサーヴァントは過去を見る。いつか見た、朝焼けの空を。



3.『     』(凛言)
届かなかったし届ける気もなかった。
でももし伝わったら、アンタはきっとおかしそうに愉しそうにこれ以上ないほどムカつく顔で笑うんだわ。



4.背負う(切イリ)
いつも、失敗する。目測よりも軽すぎる身体はふわりと舞って。

「あはは、高すぎるわキリツグ」

そう言って君は雪よりも軽やかに笑うんだ。



5.君と僕と(カレアヴェ)
「一蓮托生って素敵な言葉ね」
「……」
「どうして近くに来ないのかしら?」
「行けるかよ」



無料のレンタルサーバー sutpin.com